Neocon2018視察~その5 デスク編~

 こんにちわ

鶴見(修)です

 

 NEOCON(ネオコン)2018視察レポートその5です

オフィス家具の行く末を示すネオコン2018@シカゴの様子をレポートします

 今日はネオコン2018に展示されていた、オフィスの中の事務机についてまとめてみました。

 

恐らく日本でも、事務所の中で使われるもので一番多いのが、この事務机ではないでしょうか。

 

オフィス家具業界では、デスクと呼ぶことが多いこの事務机ですが、

 

ネオコンでも大変多くのデスクが展示されています。

 

ほとんどが昇降機構をもっており、アメリカ人の健康意識の高さが伺えます。

IMG_7395

 

日本では事務机というと、

物品番号5-3「左袖事務机・椅子」

 

このような刑事ドラマ?を思わせるようなイメージもありますが、

 

海外はおしゃれです。

 

ネオコンで展示されているデスクはどれも洗練されたデザインとなっており、

 

もうこんな古いイメージは全くなくなっています!!

IMG_7499

 

ちょっとした、アンダーワゴンを備え、やや個室感?がある自席でじっくりと仕事に向かうのもよし

 

リフレッシュしたいときには、近くの人の横でコーヒーブレイクをしたりと

 

いかにもアメリカン!な働き方がこのデスク周りからもうかがえます!!

 

IMG_7401

 

他にも、↑のような、防音パネル付きのデスクも多く

 

こちらは最近の日本のオフィス同様、気分や・納期などがあって集中して仕事に取り組みたい人にはうってつけの

 

半個室デスクです。

 

意外と、これだけの防音パネルでも吸音機能が強く、中に頭を入れるだけで籠った感じがします。

 

尚、人により好き好きです。

 

私はこの籠った感じが好きですが、おそらくすぐ寝てしまいます。

 

ネオコンに同行していた別の社員さんは、この籠った感じが苦手らしく

 

すぐに出てきていました。

 

まぁ何事にもあ良しあしですね・・・笑

 

IMG_7490

 

シカゴの人はアメリカの中でも高身長が多く、高い机は好印象のようでした!!

 

以上簡単ですが、シカゴ ネオコン2018のデスクの紹介でした!!

 

 

ダイシン工業株式会社

大阪本社
〒570-0011
大阪府守口市金田町3-60-15
TEL:06-6901-5551

東京支店/名古屋営業所/鈴鹿工場

【大阪本社】

 

別製品・OEM・卸のご相談はこちらのお問い合わせフォームよりお気軽にお寄せ下さい。

皆さまの快適な暮らし、オフィスづくりにダイシン工業の製品をお届けしてまいります。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です