ステンレスの収納庫を探しているけどどうやって選べばいいのか調べたい人が読むブログ

こんにちは!

ダイシン WEB担当者の 鶴見です!!

恐らく、このブログを読んでいる人は、何かしら通常の収納棚やロッカーでは満足できない理由があるから来られたのではないでしょうか?

本日はそんな皆さんの要求を満たしてくれるであろう「ステンレス収納庫」について書きたいと思います!!

ステンレス収納庫の特徴

メリット

ステンレス鋼を用いた収納庫のメリットは大きくあげると上記の三点です。

  • 耐食性
  • 耐熱性
  • 意匠性

この中でも特に耐食性を求める人が多いのではないでしょうか。

デメリット

上記のようなメリットがある一方で、デメリットもあります。

  • 高価
  • 種類が少ない

ステンレスは鉄に比べて5倍以上の価格がします。また加工にも技術が必要になりますので、製品の価格も高くなります。また一般のオフィスなどに用いられる収納庫に比べて流通量が圧倒的に少ないため選択肢も限られてきます。

ステンレスの耐食性

ステンレスといえば何といってもサビない!!

耐食性!が一番です。

収納庫としてステンレスを探している方は、これが為にステンレスを選ぶといっても過言ではないのでしょうか。

ステンレスは一般的な鉄に比べて圧倒的に耐食性に優れています。

その理由は、ステンレス鋼は鉄に主にクロムを混ぜた合金の事を指しますが、このクロムが空気中の酸素と結合することにより表面に強力な保護膜が生じます。

この保護膜は大変安定性に優れており、他の物質(水等)が近づいてもちょっとやそっとでは反応しません。ステンレスが腐食に強いといわれる原因はコレだったのですね!!

日本ステンレス協会によりますと、ステンレスの種類は100種類以上あり(JIS規格)たんにステンレスといっても様々な種類が存在します。

ステンレスの耐熱性

ステンレス鋼板の耐熱温度は700~900度と高く、耐腐食性に加え、耐熱性能にも優れている為キッチンや厨房器具に採用されています。

ステンレスの意匠性

ステンレスは錆びにくいため、メッキや表面の塗装をせずに利用することができます。表面仕上げは主に研磨を持ちます。光沢が出る程度の研磨にとどめたものから、鏡のように磨きあげたもの、またヘアライン仕上と呼ばれる一方向に細い研磨目を入れたものなどがあります。内装で使用されるステンレスはヘアライン仕上が多いような気がします。

ステンレス収納庫の種類

扉型
スライド扉型
引出型
オープン型

ステンレス収納庫には

  • 扉型
  • スライド扉型
  • 引出型
  • オープン型

などがあります。収納予定のモノに応じて使い勝手の良い収納庫を選択することをおススメします。

扉型の特徴

扉を開けた場合に中のモノを広く見渡すことができます。一度扉を開ければ中のモノを自由に出し入れすることや、棚の整理を行うことが可能です。

デメリットとして、扉を開放するための場所を確保する必要があるので、人の往来の激しい場所や、狭い場所では扉が空けにくく不便さを感じることがあります。

スライド扉型の特徴

引戸型などとも言いますが、このタイプのメリットは、扉が前に飛びでてこないため、スペースを有効に利用することができます。

扉型などでは、みなさんも一度はご経験があると思いますが、空いている扉の角に頭をぶつけるなどの恐れがありますが、スライド扉型はその心配がありませんので安心して利用して頂けます。

デメリットとしては、中央部分に収納されているモノが取り出しにくいということがあります。二枚引戸の場合、構造上どうしても中央が開放することができないので左右のどちらかから斜めに手を入れて取る必要があります。

引出型の特徴

引出型の特徴は、他の収納と異なり収納スペースに対して上方向からのアクセスが可能になります。上部にラベルを貼ったビンなどは上から見て管理することができるため作業性に優れています。

また、収納スペース全体が前方にスライドする為、奥の方が取り出しにくいといったことがありません。

デメリットとしては、引き出すためのスライドレールが必要になるなど構造が複雑化する為高価になりがちであることと、本体の自重がかさむ点が挙げられます。また引出型の場合、収納できる上限高さは引き出しの高さに制限を受けます。棚位置を移動させて背のあるものを収納したい場合は避ける方がよいでしょう。

オープン型の特徴

オープン型の特徴は見たままの仕様です。扉も何もないため、バスケットやコンテナで管理された収納などは大変アクセスが便利です。

一方で、地震が来た時には中のモノは落下する可能性が高いです。

まとめ

ステンレス収納庫を選ぶ必要があるのは鉄製だと溶けてしまったりサビてしまうようなものを収納したい方にはステンレス収納庫をおススメします。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です