自分が書いた図面がカタチになりました!

こんにちは、ダイシン工業のイマナカです!

大変お久しぶりです!

早いもので、私もこのブログを書かせていただくようになって

1年がたってしまいました。。。

  

ここ数か月は弊社ホームページのサイト移行があったり、

会社の繁忙期にあたり技術部の仕事が増えていき

入社時より少しづつですが成長しております(と思いたい)。笑

当初はがっつり文系卒で、CADという言葉さえ知らず、図面もさっぱりで数字は苦手!

技術的なことはなにも知らず、オフィス家具についても特段詳しかったわけでもなく

「モノづくり」への興味のみを持っていた状態でした。

しかし現在は不慣れながらも、

CADも少しは触れるようになり、図面も書くようになり、

技術的な面でもできることがちょっとずつ増えるようになりました!

またwebのことに関わったり、展示会やセミナー、

お客さんの会社や協力工場へ見学に行くことで

少しづつこのオフィス家具業界の理解と興味を高めております。

おかげで朝のニュースもしっかり聞くようになり、

フリーアドレスなどオフィスの特集がされているときは他人事ではありません!笑

と、長くなりましたが、そんな私は最近、とある初めての仕事をまかされました!

本社で使うためのラックを、自分で図面を書いて工場でつくってもらう!

え~~~~~~~・・・!一からパーツを考え図面を書いたことがなかったので不安だな、、、

と、思いつつ、寸法はかったり図面をあーでもないこーでもないと書いたり消したり

もちろん部署内の人にたっくさん助言や力をお借りしてなんとか図面をつくりあげました。

それが先日鈴鹿工場で流れ、部品が出来上がったので、さっそく見に行ってきました!


じゃん!「社内品 ラック WC色」!これです!

これは技術部のMさんと

今年技術部に入社したM君がラックの脚と棚板を組み付けているところです。

新入社員のご紹介はまた後日お楽しみください!!!

実際に組みあがっていくところを見ると、なんだか脚が頼りないような、、、汗

大丈夫かなとヒヤヒヤしました。

不安を感じつつも少しずつ完成していきます

できました~(完成品は、アジャスターもついて、塗装もされている状態です)

普通に立っているように見えるのですが実際、手で揺らしてみると結構ぐらつきます。。

脚が細く、棚板とのネジも各脚に2個づつのため、強度と安定感が不足してしまったようです。


この場合、脚の板厚は2mm程厚くし、上の写真のように、脚と棚板の寸法も大きくして

脚と棚板が触れる面を増やします。

そして棚板と組み付けるネジは3つほどでしっかり止めるべきだったようです。。。

強度に対して、甘く見ておりました。。。;;;

しかし有難いことにMさんがしっかり棚板の方に対策を打っていただいていたようで

このまま塗装、組立、本社納品、、、と無事に済みそうです💦


まだまだ一人では不安定な図面を書くことしかできませんが

強度への考慮はもちろん、

また自分が書いた図面に現場の沢山の人の手がかかっていることを意識し

より見やすく、分かりやすく、間違いが起こらないような

図面をかけるように精進していきたいと思います!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です