ファイリングキャビネット A4ファイル収納 オフィス家具収納

本日は、ダイシン工業㈱の看板製品であり、原点である

 

ファイリングキャビネットの紹介です!!

 

最近はオフィスで見ることが少なくなりつつあるファイリングキャビネットですが、弊社ではまだまだ現役で生産中です!

 

ファイリングキャビネットとは、高度経済成長期の日本のオフィスを支える収納庫でした。

 

昨今は、ペーパレス化の波もあり、主役の座を奪われつつありますが、

 

書類を効率よく収納するという点においては今もだ非常にすぐれた収納庫として活躍しています。

 

弊社では、今も

・A3サイズ

・A4サイズ

・B4サイズ

・A5サイズ

・B5サイズ

・A6サイズ

・B6サイズ

 

と多種ラインナップしております

 

ぜひまだまだ書類収納を検討している方は、ファイリングキャビネットをご利用下さい。

 

そんなファイリングキャビネットの製造工程を少しご紹介していきたいと思います。

 

塗装の前段階です。まだこの時点では、油膜などがついており、これから洗浄を行いそのあと塗装します。

IMG_5700

塗装が終わり、本体にドッキングされるのを待つ引出達です。

整然と並ぶと非常にきれいです!

IMG_5698

 

レールのついた本体が上がって参りました。

三重県亀山の工場で生産しているため、海外製とは異なりがっちりとした仕上がりです!

IMG_5692

引出がドッキングされ、鍵もつけられております。
弊社のファイリングキャビネットは一つのカギで4段同時ロックとなっています!

IMG_5693

 

袋を被せられ、頭に出荷用の帽子をかぶったファイリングキャビネットが一列に並び、梱包の仕上へと向かいます。

一列に並ぶさまは見ていると非常にかわいく映ります笑

(ファイリング仕上げ萌の方はどうぞ弊社鈴鹿工場にいらして下さい)

IMG_5696

自動梱包機へと向かうファイリンキャビネットとはここでさようならとなります。

 

見送る背中がやや哀愁を帯びているように見えるのは私だけでしょうか。泣

 

お客様の元で長く活躍してくれることを願っています!!

IMG_5694

以上 ファイリングキャビネット A4-4Nのご紹介でした!

 

弊社では、こういった大型サイズのスチール家具を多く製造しております。

 

ご興味のある方はぜひ、弊社HPをご覧ください。

 

閲覧ありがとうございましたm(__)m

 

 

 

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です