ブログ一覧 ブログ一覧

ORGATECH/EUROBLECH視察~ドイツ出張記~1日目

こんにちは。

ダイシン工業 WEB担当 鶴見(修)です。

実はタイトルの通り、先日10月21日日曜日からドイツへ出張に来ております。

今回の目的は大きく二つあります。

一つはメインであるケルンで開催されるORGATEC(オルガテック)というオフィス家具の展示会に参加する為。

もう一つが、ハノーバ―で開催される工作機械の展示会EUROBLECH(ユーロブレッヒ)に参加する為です。

メインの二つについてはまた改めてブログにまとめたいと思います。

この番外編では、せっかくですので、仕事の内容以外のドイツ出張の良さをお伝えしたいと思います。

※ダイシン工業の仕事とは関係のないことがほぼです。笑

僕の旅行記としてお読みいただければと思います。

今回の旅行の日程は

10月21日(day1) 関西空港発 フランクフルト経由ミュンヘン行

10月22日(day2) BMW本社工場見学ツアー参加 ミュンヘン市内観光

10月23日(day3) ハノーヴァーへ移動 EUROBLECH工作機械展視察

10月24日(day4) EUROBLECH視察 ケルンへ移動

10月25日(day5) オフィス家具工場見学 2社

10月26日(day6) ORGATECH視察

10月27日(day7) ORGATECH視察 アムステルダムへ移動

10月28日(day8) アムステルダム観光

10月29日(day9) 日本へ帰国

10月30日(day10) 日本帰着

以上の8泊10日になります。

書き出してみると結構長いですね笑

コチラの番外編では、どんどん仕事に関すること以外を書き連ねていき、

また来年ORGATECHやドイツに観光で旅行される方のご参考になればと思います!

では早速初日の旅行記へ!!

10月21日(日曜日)ドイツへ向けて関空から出発しました。

利用したのはルフトハンザ航空でヨーロッパの玄関口の一つであるフランクフルトへの直行便となります。

我々は目的地のミュンヘンへ向けて乗り継ぎが要りますが、ミュンヘンへのフライトは便数が多く、今回も待ち時間は一時間ほどで乗り継ぎも苦になりません!

この辺りは日本人のツアー客や添乗員の姿も多く(特にこの時期はドイツ国内が紅葉を迎えるため大変観光にはいい季節です。)特に英語ができなくても乗り継ぎには全く苦労しません。

そしてミュンヘンへ到着。

空港から、市内まではSバーンという日本でいう在来線鉄道を利用するか、バスを利用します。

今回は、旅行期間中あまりバスに乗る予定がなかったのでバスを利用することにしました。

ミュンヘン空港内の案内のサインに導かれると、ルフトハンザ航空の運航するバスが止まっています。

1人11ユーロで市中心部のミュンヘン中央駅(ミュンヘンHBF)へ向かいます。

ちなみにチケットは運転手さんから直接買うことができます。

ついた時間が夕方でしたので、大変綺麗なドイツの森に沈みゆく夕日を見ることができました。

IMG_9920

また、余談ですが、ミュンヘン空港を出てすぐ驚いたのは、タクシーの列にならぶ車両が全てベンツ!

まぁドイツと言えば、高級車に代表される、ベンツ BMW Audi ポルシェ Volkswagenなど、

自動車が世界的に大変有名ですのが、それにしてもタクシーまで全てベンツであることには驚きました笑

IMG_9919

ミュンヘン中央駅につくとすっかり日は暮れていましたが、ミュンヘンはまだまだ活気があります。

ドイツ第三の都市であるため、人口も多く交通インフラも整っています。

宿は、ミュンヘン中央駅からUバーンで数駅行ったところにとっていました。

Uバーンに乗車するときには、単発の乗車券(Single Journey)もありますが、我々は3日間の切符を選択、それも1名用ではなく2~5名用のグループチケット!

これにすると、5名まで同一料金で乗れちゃいます!なんと素敵!

(後日気付いたのです結構高いです笑 3日券で4000円ぐらいしますので実際に乗る量と人数でよく考えてからご購入された方がいいです!)

ただ、気を付けないとダメなことは、Uバーンのチケットは、日本のようにこの駅からこの駅までと決めうちで購入することはできません。

市内がZone(ゾーン)に分けられており、ゾーン1のチケットでは、ゾーン1の中しか移動できません。

これは乗り放題チケットの場合も同様で、ゾーンの広いチケットを買えばその分価格は高くなりますのでご注意を!

そして、自分たちがどのソーンを買えばいいの!?かについては、近くにある、インフォメーションの案内板に案内の用紙が貼ってあります。

(←日本の券売機の付近に情報が集めてあるほど親切ではありません。少し離れた場所にあったりもします)ミュンヘンの場合中央部の移動の場合にはゾーン1で大丈夫でした!

無事チケットを購入(支払いをカードでするもうまく受入れされず。隣の機械にしたら行けました。)して、Uバーンへ!!

Uバーンのホームに降りる手前に、ポールのようなものがありますので、そこでチケットに打刻して下さい。

いつから有効にしているかが表示されていないチケットは無効で取り締まりの対象になるようですのでご注意。

登場した列車は旧式のものの様でレトロでかわいい電車でした。笑

色味がなんともおしゃれですね!

IMG_9929

そして駅からてくてくと一分ほど歩くと我々の今回お世話になるGHOTELが!

IMG_9932

このホテル、ドイツではチェーンなのでしょうか他の都市も合わせて結構あるようです。

結論からいうと、、、コスパは最高の部類ではないでしょうか。

いいホテルだと思います。朝食も大変おいしかったです!

IMG_9936

この日は日本時間の日曜日の朝5時から動き出し、ホテルに着いたのが日本時間の27時であったため、近くのドイツレストランで晩御飯。

早速、ドイツの味を堪能して、ビールとポークで乾杯しました。

IMG_9939

寒いですが、テラス席で上からヒーターを浴びながら、ミュンヘンの夜の寒さを楽しみ、長い移動初日が終わりました。

今回店調べなどに利用したのは、海外では有名な“yelp”というアプリ。

アメリカでは主流ですが、ヨーロッパでもメジャーなようで、掲載数も多く、日本の食べログや・ぐるなびのように使うことができます。

海外で飲食店を探す場合には是非使ってみて下さい。

また、このお店の支払いは、事前に“ドイツはクレジットカードが使えない”などとネットで多く出ていましたが、その通り、ジャーマンカードでないとダメ!と言われました。

つまり、ドイツ国内で発行されたカードでないと支払いできないとのことです。仕方なく、なけなしの現金で支払うこととなりました。。。。

以上です。

情報を盛り込みながら長々と書いてしまいましたが、ご精読ありがとうございました。

次回、二日目をどうぞお楽しみに!!!

 

 


ダイシン工業株式会社
大阪本社/東京支店/名古屋営業所/鈴鹿工場
別製品・OEM・卸のご相談はこちらのお問い合わせフォームよりお気軽にお寄せ下さい。
皆さまの快適な暮らし、オフィスづくりにダイシン工業の製品をお届けしてまいります。

 
【大阪本社】
〒570-0011 大阪府守口市金田町3-60-15
TEL:06-6901-5551

 
【東京支店】
〒151-0053  東京都渋谷区代々木2丁目11番12号  田中ビル2F
TEL:03-3370-2901

 
【名古屋営業所/鈴鹿工場】
〒519-1106 三重県亀山市関町会下1174-8
TEL:0595-96-2224  名古屋営業所
TEL:0595-96-2221  鈴鹿工場

Share シェアする

twitter facebook hatena pocket

カテゴリー Category

オススメ記事 Recommend

オルガテック東京2022出展!DAISHINが描く未来のワークブースをご紹介!

本社ショールームリニューアル!

大阪本社オフィスリニューアル!!

タグ Tag

BMW BMW工場見学 DB EUROBLECH Indeed JIS LIVING&DESIGN2018 LOD MARS Neocon Nobia Nobio OEM Offerbox OSFA ものづくり元気企業 アマダ アムステルダム インテックス大阪 オフィス家具 カンバン方式 キャビネット コインロッカー サテンブラック サーキット シート貼り スガツネ博 テレビ出演 テーブル トヨタ方式 ドイツ鉄道 ネオコン ファイリングキャビネット ブラック色 プレス加工機 ベトナム人実習生 ボーイング工場見学 マップケース ミュンヘン リビングアンドデザイン レール可動距離 ロッカー 下町ロケット 亀山 仕事 企画 住宅設備 住設関連 参加方法 収納 収納庫 名古屋 名阪亀山・関工業団地 塗料 塗装 壁面収納庫 外国人実習生 大型工場 大道具 大阪 大阪ものづくり優良企業 宅配ボックス 宅配ロッカー 守口 小道具 展示会 工作機械 工場設備 引出し 技術職 新人研修 新卒採用 板金加工 機械要素展 求人 生産管理システム 町工場 研修 粉体塗装 耐久性 自動倉庫 設計 避難グッズ 野球大会 鈴鹿 鈴鹿サーキット 鈴鹿工場 鉄切りばさみ 門真 開発 防災 防災収納

お問い合わせについて

製品またはOEM・別製品に関するご質問・ご相談など、どうぞお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせフォームへ
バナーイメージ バナーイメージ バナーイメージ