鈴鹿工場の空調リニューアル!TOSHIBA『FLEXAIR』『シングルエース』を導入!!

みなさんこんにちは🐶 鶴見(亮)です✌

夏の風物詩『夏の全国高校野球選手権大会(甲子園)⚾』も終わり

少しずつ秋の到来を感じる日々ですね🍁

と言ってもまだ9月🌞

まだまだ残暑が続くと思いますので、みなさまくれぐれもお身体ご自愛ください😌

 

さて、そんな暑い夏ですが、鈴鹿工場でのお仕事も非常に過酷な時期になります😭

夏場の工場は何と言っても・・・

『暑い』💦💦

 

鈴鹿工場は2階建てですが、熱気は上へ上へと上がるので特に2階が暑い。。。

そして工場内には塗料を焼き付ける『🔥乾燥炉🔥』もあるのですが、

これがまた熱を放出して工場内は更に暑くなります。。。


2階には20年以上も使用している空調を設置していますが、ご覧の通りダクト配管が

ヤマタノオロチのように天井に張り巡らされており、効きもあまりよくありません。

 

3年程前から暑さを和らげる何か良い解決策はないものか、

協力会社の方々にご協力頂き、一生懸命検討しました📗✏


・高天井(7m)&大空間なのでゾーニングして空調するべき?

・空間が広すぎるので、全館空調ではなく個々人にあたるように空調するべきでは?

・そもそも換気量が足りてないのでは?吸排気設備を見直す?

・ファンのついた空調服を導入すれば良いんじゃない?

・工場天井に遮熱塗料を塗るべきでは? ←既に対策済み

などなど...


大空間の工場を持つ企業様はどこも作業場の環境改善に

頭を悩ませているのではないでしょうか、、、💦

私たちもとても悩みました…😵


しかしいつまでも悩んではいられません✊‼

暑い夏はこれからも幾度となくやってきます😱💥


社内で入念に検討を進めた結果、遂にこの夏、新たな空調設備を導入しました✌‼‼


その名も!!


TOSHIBAFLEXAIR』

TOSHIBA『シングルエース』



です!!


早速ですが、導入後の風景はこちらです!!


すごくスッキリとした見た目になったと思いませんか☺❓



この設備にはなんと導入メリットが以下4点もあるんです😎👌


①冷気を作業者の近くで作り出すことが出来る!

⇒室内機台数が多い為(1機1HP)、作業者近くに各室内機を設置し冷気を作ることが可能です。


②換気回数が不足している工場内に新鮮な外気を送りこむことが出来る!

⇒外気処理仕様になっており、外気を冷気に作り替えて工場内へ送り込みます。


③ダクトを張り巡らせる必要がなく見た目がスッキリする!

⇒作業者近くに室内機を設置できる為、ダクトを縦横無尽に張り巡らせる必要がありません。


④室内機が小分けになっているため生産ラインの変更などにも対応可能!

⇒室内機台数が多いため(20HPで20台)生産ライン変更時も柔軟に室内機位置の変更ができます。




弊社では上記のメリット&価格面から見て総合的に当製品が良かったので導入に至りました💡

この夏は早速フル稼働し、作業現場の環境改善に大きく貢献してくれています🌬❄‼



環境改善に終わりはありませんが、これからも積極的に先端技術の情報収集をして

少しでも快適な環境を作れるように頑張っていきたいと思います😉✊


みなさんも是非、弊社の事例を参考に、空調を切り口として

作業環境の改善に取り組んでみてはいかがでしょうか😌❓❓


次回は弊社初の試み『インターンシップ2019』について執筆いたします🖋📗

以上、鶴見(亮)からでした❗❗

それでは~🖐

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です