ORGATECH/EUROBLECH視察~ドイツ出張記~3日目

こんにちは

ダイシン工業 WEB担当鶴見(修)です

 

本日は、前回の記事に引き続きドイツ出張3日目の旅行記を書きたいと思います!!

ミュンヘンからハノーバへのDBのアクセスについても記載していますので、どうぞご覧下さい!

 

 

10月23日(火)

本日は、朝からミュンヘンを出発し、ハノーバーへ移動しました。

キャプチャ

ハノーバーに行く目的は、EUROBLECHという金属加工機の展示会が開かれている為です。

こちらはヨーロッパをはじめ世界中から関係者が集う大変大型の板金加工展なので、我々ダイシン工業も薄板板金を使うメーカーとしては是非とも参加したいイベントでした。

キャプチャ2

(↑EUROBLECHのサイトにリンクします)

 

EUROBLECHに関しては、珍しく仕事の記事となりますので、また別で改めてUPしたいと思いますのでそちらをご覧ください!!

 

ミュンヘンからハノーバーへの移動についてですが、飛行機と高速鉄道を選ぶことができますが、今回はドイツ鉄道を選択しました。

理由は簡単です。

値段がハンパなく安いです。

 

ドイツ高速鉄道のDB(ドイツバーン)は日本の新幹線の感覚からすると大変リーズナブルです!!

特にDBの公式サイトから事前に予約すると本当に、「え?この値段でいいの?」と思っちゃうぐらい安いです。

今回はミュンヘン~ハノーバーまで約4時間の移動になりますが、事前予約で一人たったの28ユーロぐらいです。

それも、指定席でかつ一等車!日本でいうグリーン車です。

豪華と思われるかもしれませんが、一人1000円も変わらない価格で乗れてしまします。

今回は、4時間の移動で長いので1000円上乗せして一等車に乗りました

車内は快適です。二等車でも十分快適で、一等車もそんなに変わりません。

なので今後は二等車でも十分です。

 

ドイツ鉄道の予約の方法は、”ドイツ鉄道の予約の仕方”をご覧ください。

 

ちなみに、高速鉄道の予約が早いとどれぐらい安いか比較してみますと~

・区間 ミュンヘン~ハノーバー

・出発時刻 10時半ごろ

 

1週間前(11/9出発) 115ユーロ/人 @二等車

2カ月前(1/7出発) 59ユーロ/人 @二等車

(11/2調べ)

半値になります!

乗る時間帯にもよりますので一概には言えませんが、予定が決まっていれば早めにとることをお勧めします。

 

ちなみにちなみに一等車では途中にチョコレートのサービスがありました笑

  IMG_E0023

 

ハノーバーにはほぼ時間通り到着し、EUROBLECHにそのまま直行

EUROBLECHを終えた我々は、荷物を置きに行くため、予約していた「Hotel Schwarzer Bar」へ移動しました。

ハノーバーの都市はあまり大きくないので、大型の展示会があるとどうやら宿は瞬時に高騰する様子。

今回もハノーバーの宿泊は本当に高かったです。

このホテルもドミトリーとホテルの中間ぐらいのホテルでしたが、それでも一室120ユーロでトイレバス共用でした。

(まぁツインなので、二名一室で止まればそこそこ安く抑えられます)

日本の感覚で行くと、「これで120ユーロ?ふざけるな!」とちゃぶ台をひっくり返したくなる外観と設備ですが、まぁそれはハノーバーの展示会の時期であることを考えるとやむなしでしょう。

 

 

ホテルへの玄関は大変質素、雑居ビルの入り口がホテルの入り口なのですが、その扉にはインターホンがあり、押しても反応なし。

IMG_20181023_180543

受付不在の場合にはこちらに電話して下さいとあるのですが、こちらはドイツ内での電話はもっていません。(データの通信のみ)。

しばらく待っていると、バイトの感じのいい女性が、やってきて「お客様?待たせてごめんね~」って感じでフロントオープン。

そこからはホテルの中も、まったく豪華には程遠いながらも清潔に綺麗にされており特に問題なく宿泊することができました。

まぁ展示会価格を考慮しても立地の良さ、中心部へのアクセス、治安などもOKで納得のできる宿でした!

IMG_20181023_182545

 

晩御飯は得意の“yelp”アプリを使って、ハノーバー中心街のドイツ料理のお店にお世話になりました。

今回の旅行では初のビール二杯を堪能し、遅めの時間までいろいろと話し込んで、ホテルに戻り就寝としました。

(遅いと言っても11時には寝ましたけどね笑)

 

以上 人生初ハノーバーの出張記でした!

 

次回、4日目をどうぞお楽しみに!!!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です