ファイリングキャビネットのレトロな魅力

おはようございます、イマナカです☀

最近になりやっとこさ、気温がひんやりしてきて

過ごしやすくなってきましたね!

 

そんな秋を迎える近頃ですが

皆さんは夏の間に、どんな夏イベントを過ごされましたでしょうか?

私は特にどこへも行っていませんが、先日ジェイソン・ステイサム主演の

MEGザ・モンスター」という超巨大サメと戦う映画を観に行きました!

感想は「ジェイソン・ステイサムがかっこよすぎる件」です。

映画視聴後に口コミを覗くと、だいたい同じように

「ジェイソンステイサムが~」「ジェイソンスイテイサムを~」と

ジェイソンステイサム>>>>>>サメという感じで

ジェイソンステイサムすごくパワーワード、、、と思いました。笑

 

 

さて、ここで本題に移りますが

今回は弊社の起源「ファイリングキャビネット」について書きたいと思います!

ファイリングキャビネットはダイシン工業のパワーワードです!

なぜかといいますと、ファイリング・キャビネットは弊社ダイシン工業のスタートでした。

 

 e-img11e-img12e-img14スクリーンショット (94)

 

ずらーっと1代目ファイリングキャビネット、2、3、、、と並べてみました。

こう並べると、色や取っ手の形など違いがすごくわかりやすいと思います。

特に、落ち着いた暗い色から段々と明るい色になっていきます。

 

家具も、ファッションやメイク等と同じように時代が進むにつれ、

人が人に支持して頂くため、愛して頂くため、利用して頂くため、、、

流行などに合わせたスタイルに色やカタチを変ていきます!

 

 20161119103917

 

そしてある時、それが一周して、あえて古いものがイイ!という時もありますし

そうでなくても、どこかでずっと古いものやその要素が求められていることもあります。

 

例えば、ファッションだと古いものがレトロ感があるものとして好まれやすく

流行が一周しやすい気がします。

私が中学生ぐらいの時、安室ちゃんが60年代、70年代、80年代をベースにした

メイクやファッションをして曲をだしていたのがとても可愛かった印象があります。

最近だと、平野ノラさんのネタなど、、、

懐かしいものは人の感覚を刺激しやすいですし、それを知らない人は新鮮と感じますし

レトロは人を魅了するパワーワードかもしれませんね。

 

 

そなレトロというパワーワードや、懐かしい要素を持っているのが

弊社のファイリングキャビネットなんです!

昭和31年に、初代ファイリングキャビネットが発売され

今もなお、カタチを変えて製造、販売されつづけています。

年齢でいうと、東京タワーよりも年上なんですよ~!

そんな弊社のファイリングキャビネットは色んな時代を生きてきたということです。

 

ではそれが今どのように人々に求められているかといいますと

実は、ドラマやCMなど、、、時代設定が昭和あたりであったり、

警察署の中などある特定の雰囲気をだすために使われております。

 

実際使われる際に、連絡などあるわけではありませんが

会社の先輩などにきくと、刑事もののドラマなど見ていた時

あれにでてたこれにでてたなど結構出演しているようです!笑

 

代表的で、私がビックリしたのが

毎年、年末にやっております見逃せないあの番組。。。

 

ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!

絶対に笑ってはいけない大脱獄24時!!!

 

で、松本人志さんこと松ちゃんが恒例の引き出しを開けるさいに

使用されていた引出しが弊社のファイリングキャビネットだったんです!

 

 8e29b7fef76a3810c162ef88b1e886c5-300x168

 

これですこれこれ!

以前にもこちらのこと書いているので記事を下記にはっておきます。

ガキの使いやあらへんで 笑ってはいけないファイリングキャビネット!!~第三弾~

私はガキ使の24時間耐久鬼ごっこからずっと24時間シリーズが大好きで毎年、ガキ使で年を越していました。

もちろんこの大脱獄の時もみていたので、この引出しを作っている会社に自分が将来

就職するとは夢にも思っていなかったのでなんだか感慨深いです笑

 

また、ファイリングキャビネットではなかったのですが

ワンダモーニングショットのCMにも弊社収納庫が使われていました。

“WONDA”ワンダモーニングショットCM「キリっとスタート二人前」にダイシン工業製品出てます!!

 

ほかにも、

大阪の堀江にあるヴィンテージショップで弊社の廃番になったファイリングキャビネットが

高価な値段で売られていたようです。。。!

 

弊社のファイリングキャビネットは廃番になってしまったものもレトロなものとして価値を置かれ

今の時代にも必要として頂き、どこかででこうして使い続けて頂いていることはとてもうれしいことです。

先代の方たちがこうしたものを作り続けてきたように、

これからも、私たちもいつの時代にも皆さまに必要とされる家具を作っていきたいと思います。

 

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です