「もしももしも」を引き延ばさないで災害に備えましょう!

こんにちは!

先日の大阪の台風に続き、今度は北海道での地震,,,

 

「もしもの時のために備える」ことの

もしも」がだんだん「もしも」なんて確率では

ないなあと感じております、、、

 

私は、大阪の震度6の地震を経験するまでは地震なんて滅多にないし

大阪は特に自然災害が少ないイメージだったので何も用意していませんでした。

しかし、初めてあんな大きな揺れを経験してからは

ベッドの傍に”いつでも家出れる用バッグ“を用意するようになりました!

防災グッズの中身一覧!被災者が勧める最低限の備蓄品は?

↑私はこちらのサイトみながら準備しましたm(__)m

 

先日の台風21号も、あの京阪電車さえ事前に運転見合わせの連絡をしていたので

これは本当にすごいのが来るんだなあ,,,ぐらい思っておりました。

実際思っていた何倍もすごくて、私の家は夜遅くまで停電し水も止まってしまう状況でした…。

 こんな時自宅であれば自分なりの防災ができますが、会社等の規模になると

人も多いわけですから十分な食料等を用意しておかなければなりませんよね。

 

そこで、ダイシンには、防災収納庫というその名の通り、

防災グッズを収めるのに適した収納庫があります。

 

スクリーンショット (88)

 

こちらは弊社の現在のカタログの防災収納庫のページです。

画像をクリックして頂きますとウェブカタログに飛びます。

 

と、ここで

「え?防災グッズ収納するぐらいなんでもいいんじゃないの…?」

思われる方もいらっしゃるかもしれません。

正直私も思っていました。

 

まあ、、、自宅でしたら鍵をかける必要性も特にないと思いますが

会社や施設等ですと話は別になってきます。

なぜなら、やはり色んな人が出入りする場所なので、

盗難やイタズラなどにあわないように鍵をかけることが大事かと思われます。

 

しかし、地震や台風などことが起きてしまった時に

鍵はどこだ!パスワードはなんだ!と言っていたら大変ですよね。

 

普段はしっかり閉まっていて、いざとなった時、皆が開けられる収納庫。

防災グッズだけでなくそれを収めている収納庫もしっかりとしたものを選ばなければなりません。

 

そして!

弊社の収納庫はそれに特化した完璧な防災収納庫となっているんです!

 

 

 058ED651-51B2-43A9-BE7A-E10559DA52EB

 

まず鍵に関して説明させていただきますと

こちらカギのところのアップになった写真です。

こちらを非常開錠機能といいましてこのように普段はしっかり鍵をしまっている状態です。

そしてその鍵の横に、アクリル窓という透明な窓が丸くあります。

透明度も高いので窓越しの私のてもはっきり見えます。

非常時は、この窓を押し破ると鍵のバーを開錠できるようになっております。

 

 

アクリル樹脂はプラスチックの中でも耐久性、柔軟性、加工性など色々優秀な素材なんです!

身近なものでいうとフォトフレームやまたまた水族館の窓にも使われていたりします。

 

でもそんなの破ったら、破片が飛び散って手を怪我したりしない?と思われるかもしれませんが

耐衝撃性にも優れているので、破った際に破片が大きく沢山飛び散るなどはありません!

 

 スクリーンショット (91)

 

そしてもう一つ、右の蓄光マグネットシートです!

こちらは暗い中でも貯蓄した光で発光していますので、停電等で真っ暗になってしまっても

どこやどこや!どれやどれや!とならず収納庫を見つけることができます!

サイズもおよそ縦8cm横24cmと大きいのでパっと目につきやすいです。

 

では本体の紹介をしていきたいと思います!

 

  • ●V945-104ESD 引出し型 W900 / D450 / H340

(仕切板2枚・鍵・ラッチ・非常開錠機能・配線穴付き)

一時避難用、およそ3名分の防災用品の備蓄が可能です。

 スクリーンショット (89)

  • ●V445-11ESH 片開き型 W450 / D450 / H1030

(棚板2枚・鍵・ラッチ・非常開錠機能付き)

およそ2名で3日分の防災用品の備蓄が可能です。

 

スクリーンショット

 

  • ●V945-11ESH 両開き型 W900 / D450 / H1030

(棚板2枚・鍵・ラッチ・非常開錠機能付き)

およそ5名で3日分の防災用品の備蓄が可能です。

 

スクリーンショット (90

 

  • ●V945-21ESH 両開き型 W900 / D450 / H2060

(棚板5枚・鍵・ラッチ・非常開錠機能付き)

およそ10名で3日分の防災用品の備蓄が可能です。

 

 

スクリーンショット (90)

 

 こんな感じで簡単ではありますが弊社の防災用収納庫をご紹介させていただきました!

日本にいる限り、地震とはこれからも絶対向き合っていかなければなりません、、!

ならばいつでもどこでもみんなで災害等に対し万全の準備をしておかねばならないと思いますので

収納庫に限らず、なんでもできることは今のうちに災害用リュックだけでも思い立ったらしておきましょう!

腰が重くても、まずは遠足や旅行の準備と思って用意すれば腰も少し軽くなるかもしれません!

その延長線で弊社の収納庫が役に立つときがあれば幸いですm(__)m

 

 

ダイシン工業株式会社

大阪本社/東京支店/名古屋営業所/鈴鹿工場

 

別製品・OEM・卸のご相談はこちらのお問い合わせフォームよりお気軽にお寄せ下さい。

皆さまの快適な暮らし、オフィスづくりにダイシン工業の製品をお届けしてまいります。

 

【大阪本社】

〒570-0011 大阪府守口市金田町3-60-15

TEL:06-6901-5551

 

 

【東京支店】

〒151-0053  東京都渋谷区代々木2丁目11番12号  田中ビル2F

TEL:03-3370-2901

 

 

【名古屋営業所/鈴鹿工場】

〒519-1106 三重県亀山市関町会下1174-8

TEL:0595-96-2224  名古屋営業所

TEL:0595-96-2221  鈴鹿工場

 

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です