Neocon2018視察~その2 NEOCON会場~

こんにちは鶴見(修)です

 

NEOCON2018視察レポートその2です

オフィス家具の行く末を示すNEOCONの様子をレポートします

 

さっそく、NEOCON会場に入った我々ですが、まず目に留まるのは人の多さ

 

人 人 人 人

IMG_0512

大変な盛況ぶりです

 

それも日本の展示会によくあるような、スーツの男性ばかりのイメージではまったくなく

 

本当に女性が多く、半分以上女性です。

 

それも、パーティーのようなドレスの女性からオフィスライクな方まで

 

本当に様々な方が参加されておりました

IMG_0958

さてさてNEOCONの方はといいますと、

 

展示エリアは大きく3階・7階・10階・11階の合計4フロアに展示場があります。

 

3・10・11階は、オフィス家具や、テキスタイル等の生地関連の常設の展示場です。

 

7階が日本の展示会と同じような、ブースで区切られた展示ブースとなっています。

 

まずは、11Fで常設展示場を持っておられる

 

「OKAMURA」さんのブース前に出てきました。

 

IMG_0753

IMG_0826

 

今回は正面にテーブルを展示されていました。

 

同じフロアには

・Knoll

・Allsteel

・OFS Brands

 

などがショールームを構えておりました。

 

どのショールームも朝から多数の人が訪問されており、開場前から活気に満ち溢れていました

 

つたない私なりの分析の結果、11F10Fのどのブースにも共通するのが、

 

「健康」でした。

 

アメリカでは基本的に医療費がものすごく高いため、健康でいることが

 

なによりも大切(というかお金がないと高度医療が受けづらい。。。)

 

という考えが非常に強く、健康なしにして仕事なんてありえない

 

って感じの考えなんですね。

 

IMG_0923

ですので、オフィスのつくりも大変健康に配慮したつくりとなっています。

 

健康であるためには、まず体の健康。

 

これは主に、立ち姿勢でのワークスタイルです。

 

近年日本でも増えてきている”昇降デスク”がスタンダートです。

 

どのブースに行っても当然のように昇降デスクが採用・展示されています。

IMG_0442

 

 

続いて、心の健康。

 

健康であるためには、体と同時に心も健康でなくてはいけない。

 

とういのがアメリカ人のオフィスの考えです。

 

(↑どこの国でも同じ事が言えるのですが・・)

 

なので、働く環境には緑が多かったり、リフレッシュできる空間がたくさん作られています。

IMG_0983

 

まず、オフィスのつくりが日本に比べて圧倒的に広いので、

 

我々からすると十分のびのびした空間に見えますけど

 

こうした考えを今後の日本も

 

しっかりと捉えてやっていかなくてはいけないのかもしれないです。

 

※NEOCON2018 レポートその3 UPしました

 

 

ダイシン工業株式会社

大阪本社
〒570-0011
大阪府守口市金田町3-60-15
TEL:06-6901-5551

東京支店/名古屋営業所/鈴鹿工場

【大阪本社】

 

別製品・OEM・卸のご相談はこちらのお問い合わせフォームよりお気軽にお寄せ下さい。

皆さまの快適な暮らし、オフィスづくりにダイシン工業の製品をお届けしてまいります。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です